ペニスを大きくする方法を3つ紹介!大人も今から改善できる!

学生の頃にペニスの成長が小さい状態で止まってしまった方はいませんか?

そのうち大きくなると思い込んでたら「小さい」「粗チン」になってしまい、大人になって後悔……。

しかし今更できることなんてない。

そんな風に諦めてしまった方々、安心してください。

ペニスは大人になってからでも大きくできるんです!

今回の記事ではペニスを大きくするための方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

  • ペニス全体を長くする方法。
  • ペニスを太くする方法。
  • 亀頭を大きくする方法。

 

以上の3点に向けて紹介していこうと思います。

ペニス全体を長くする方法

ペニス全体を長くする方法は3つ存在します。

  • 増大サプリ
  • 引っ張り法(チントレ)
  • 長茎手術

増大サプリに関してはすべての方法に対して効果的であるので、詳細は後述します。

引っ張り法(チントレ)

引っ張り法とはペニスそのものを物理的に伸ばすわけではなく、実は体内に埋まっている部分のペニスを引き出す方法のことです。

ペニスというのは誰しも4割ほどが体内に埋まっています。

なのでそれを引き出していくのですが、その前にやるべきことがあります。

これはチントレという言葉の通りペニスのトレーニングです。

概念としては筋トレと同じです。筋トレの前には何をしますか?

そう、ウォーミングアップです。

なのでトレーニングの前にきちんと準備をしましょう!

チントレ前のウォーミングアップ

  • ペニスを温める
  • マッサージ

ペニスには多くの血管が存在しているため、血行が悪いと増大効果にも影響が出てきます。

血流を良くするために、まずはペニスを温める必要があります。

  • 風呂に入る
  • 温かいシャワーを浴びる
  • 蒸しタオル(電子レンジで2,30秒ほど温めたもの)をペニスにかぶせる。

これらの方法でペニスを温めましょう。

特にお風呂に入りながら実践したほうが効果が出やすいです。

終わったら万が一怪我をしないように、ペニスをほぐすように伸ばしてマッサージをします。

これで準備完了です。

 

★トレーニング方法

  1. ペニスを温める。
  2. 平常時の時のペニスの先端を掴む(勃起状態では靭帯が硬くなってしまい効果がありません)。
  3. 皮ではなくあくまで本体を伸ばす意識でゆっくり動かす。
  4. 引っ張った状態から上下左右に動かしたり回す。
  5. 少し休憩を入れて、それから同じことを繰り返す。
  6. 10分ほどこれを行う。

 

誰でも少しの時間で実践できます。

ペニスを様々な方向に引っ張ることで、ワナ靭帯というペニスを支えている靭帯を伸ばすことができます。

長茎手術

「何ヶ月もトレーニングなんてできない!すぐに大きくしたい!」

という方々にオススメなのが増大手術の一種である長茎手術です。

陰茎部分を長くする手術となっており、

 

  • 埋没陰茎長茎手術
  • 下腹部脂肪吸引法長茎術

 

の2つの方法が存在します。

埋没陰茎長茎手術

ペニスを支えている恥骨から伸びた靭帯を引っ張り出すことで、埋没されたペニスを引き出す手術になっています。

最も広く行われているペニス増大手術になっています。

しかし増大効果があるのは平常時のみであり、勃起時のサイズ増加にはほとんど効果がありません。

靭帯を切る手術と切らない手術の二種類があり、手術費用は切る場合が20万円ほど、切らない場合が10万円ほどになります。

下腹部脂肪吸引法長茎術

肥満体型による下腹部の脂肪によってペニスが埋もれてしまい、短く見えてしまう方に向けて脂肪吸引を行う手術です。

内容は脂肪吸引のみなので手術時間も短く、20分程で終了します。

ペニスに手を加えるわけではないので安心してペニスを長くすることができます。

手術費用は20万円ほどになります。

ペニスを太くする方法

ペニスを太くする方法は全部で3つ存在します。

  • 増大サプリ
  • ジェルキング
  • 陰茎増大手術

増大サプリは後述するので、残り二つについて解説していきたいと思います。

ジェルキング

有名なチントレの一種で、主に竿の太さへの効力が期待できるトレーニングです。

引っ張り法は平常時で行う方法でしたが、こちらは半勃起状態で行います。

また、実践時にはペニスの滑らかさを出すために潤滑油としてのローションを使用します。

 

トレーニング方法

  1. ペニスを温める(ウォーミングアップ)。
  2. ローションを塗る。
  3. ペニスを半勃起状態にする。
  4. 利き手、逆の手の親指と人差し指(OKマーク)でペニスの根元を握る。
  5. 根本側の指をそのまま固定して、もう一つの指を根元からカリの部分までゆっくりスライドさせる。
  6. これを5分ほど繰り返していく。

 

これが基本的な方法になります。

効力を上げるために、なるべく入浴時に行いましょう。

半勃起状態で行うべき理由は、勃起状態で行ってしまうと血管が傷ついてしまう可能性があるからです。

またローションをつけないと、滑りが悪く皮だけが伸びてしまい肝心の本体にはあまり効果が出ないこともあり得ます。

一週間で3,4回ほどのスパンで継続していけば早ければ3か月で目に見えた変化を得ることもできます。

きちんとしたやり方で継続していけば、立派なペニスを手に入れることができるでしょう。

陰茎増大手術

この手術は切開によって人体に手を入れて改善するといったものではなく、陰茎全体に注入剤や脂肪を投与して増大を図るという方法になっています。

ペニスに直接注入するので多少「怖い」という気持ちは出ると思いますが、効果が出れば見た目のコンプレックスの解消や女性に与える刺激も増すことができます。

マクロレーン

持続型ヒアルロン酸の一種であり、吸収されにくいので1,2年ほど効果が継続します。

注入以外の過程が存在しないことから手術時間が短く、ダウンタイムも少ないです。

ヒアルロン酸が合わなかった方でも、分解注射を打つことによって注入したヒアルロン酸を分解して元に戻すことができます。

パーフォーム

バイオアルカミドといわれ、インプラント治療に使用されています。

手術の際にはマクロレーン同様に注入のみであり、手術時間やダウンタイムも少ないです。

こちらは持続時間が5年以上と非常に長い継続性を有しており、倍以上持続させることができます。

しかし、マクロレーンが分解できるのに対し、こちらは分解することができません。

つまり一度施術してしまったら、もし合わなかった場合5年は我慢する必要があるということです。

陰茎増大手術の場合、上記の二つの注入剤の効果はほぼ同様なので取り返しの利く持続型ヒアルロン酸を注入することをお勧めします。

脂肪注入法

自身の脂肪を採取して陰茎に注入することで増大を図る方法です。

上記の2つの方法とは違いダウンタイムが2~3週間程存在します。

脂肪を注入する際、生着率というものが存在し生着した場合は永続的に効果が見られますが、そうでなかった場合あまり増大が見込めない場合もあります。

通常40%程と言われていますが個人差も大きく、生着率の安定化はまだ難しいとされています。

しかし生着率の向上化はされており、採取した脂肪の老化細胞や細胞破片などの不純物を除去することで濃縮された脂肪(MCRF:マイクロコンデンスリッチファット)を注入することで、生着率を50〜70%程に向上する事ができます。

ペニスの亀頭を大きくする方法

亀頭を大きくする方法も3つ存在します。

  • 増大サプリ
  • ミルキング
  • 亀頭増大手術

こちらも増大手術は後述し、残り2つの方法を解説していきます。

ミルキング

ジェルキングと似たような方法によるチントレです。

ただ、ジェルキングがぺニスの竿部分の増大を促せるのに対し、ミルキングは主に亀頭部分の海綿体に血液を送ることにより増大を促せる方法です。

 

トレーニング方法

  1. ペニスを温める(ウォーミングアップ)
  2. 半勃起状態にする。
  3. 親指と人差し指でOKマークを作り、ペニスの根元を握る。
  4. 中指、薬指、小指の順番で根元から徐々に亀頭のほうに握りこんでいく。
  5. 小指を握った段階で10秒ほどキープし、血流が逃げないようにする。
  6. 反対の手でも同じように繰り返す。
  7. これらを5分ほど繰り返す。

 

これが基本的な方法になります。

ミルキングはジェルキングと同じで半勃起状態で行いますが、ローションといった潤滑油は必要ないというメリットがあります。

一回一回に限れば片手でできるため、ジェルキングに比べて手軽に行えるでしょう。

スパンはジェルキングと同じように週に3,4回ほど行いましょう。

亀頭増大手術

亀頭にヒアルロン酸を注入して大きくする方法です。

効果としては亀頭の増大だけでなく、硬さの向上、早漏の改善があります。

日帰りの手術であり、手術時間は10分程度とかなり手軽に行えます。

注入するヒアルロン酸自体はもともと体内に存在するものなので、副作用などのリスクは存在しません。

亀頭のカリの部分はヒアルロン酸1tでおよそ1o大きくなる、というのが目安です。

注入する量によって費用も高額になっていくので、手術をする場合は注入量をきちんと医師と相談しましょう。

増大サプリは全ての方法に効果アリ!

増大サプリは飲むだけでペニスの増大効果が見込めます。

というのも、サプリというものは増大成分のみが配合されたもので「健康食品」の一つです。

増大成分の中でも特に重要なシトルリン、アルギニン、亜鉛をメインとして配合されており、これらの相互作用によって増大が促されています。

手術のように即効性はありませんが、きちんとした飲み方で継続して服用していけば個人差はあれど誰でもペニスを大きくすることができるでしょう。

さらにこれまで上述した増大方法はあくまで竿の長さ、太さ、亀頭の増大といった部分的な増大方法を紹介してきました。

対して増大サプリというのは根元からペニスを大きくすることができるので、長さ、太さ、大きさといった要素が全体的に向上します。

手術やチントレのようにペニスに負担を強いて増大を促すものでもないため、非常に安全性の高い方法であると言えます。

しかしその分増大サプリは購入費用がそれなりに高額であり、誇大広告を謳った偽造品や粗悪品が数多くあるのも確かです。

購入の際にはきちんとした信頼できる会社、サイトから購入するようにしましょう。

ペニスを大きくする方法を実践して理想のペニスを手に入れよう!

以上、ペニスの増大方法をまとめてみました。

増大する場所を部分ごとに分けて紹介してきましたが、

どの方法も基本的には、

  • 増大サプリ
  • チントレ
  • 増大手術

この三つの種類で増大を促せることがわかりましたね。

それぞれに安全性や即効性によるメリットがある反面、間違った方法を実践してしまった場合の危険性やそもそものリスクも存在します。

どの方法を実践するかはご自身でよく考え、しっかりとした調査の上で判断をするといいでしょう。

誰かに相談したい場合、近くに泌尿器科の病院がある場合はそこの医師に相談をするのが最も確実です。

多少恥ずかしかったり気後れするかもしれませんが、泌尿器科の医師の方はそういったペニスに悩んでいる人たちと数多く接し治療してきているので心配はいりません。

あなたの体質に最も合った増大方法は必ずあります。

ペニスのサイズに悩んでいる方はぜひ一度実践し、増大した理想のペニスを手に入れましょう。

このページの先頭へ戻る