鉄板のED対策を紹介!勃起不全を自力で治すことができる?できない?



病院に行って確定診断を受けたわけではないものの、なんとな〜く最近男性器の勃ちが悪く、なんとな〜くEDなのではないか?と感じている方も多くいらっしゃることでしょう。

そこで今日は、気になるEDの原因やその状態の定義、そして今日からできるED対策について解説していきます。

何をしてもチンコが勃たない・・・これってED?

そもそもEDというのは勃起不全を指す言葉で、定義としては興奮しても勃起しない状態である、あるいは勃起したと思ってもそもそもふにゃふにゃだった、あるいは勃起に時間がかかってしまったり中折れしてセックスが中止になってしまうなどの状況もEDと表現することがあります。

また日本国内での定義としてEDというのは、性行為に十分な勃起の維持を行うことができず、性欲、勃起、性交、射精、極地感(つまりめちゃめちゃ気持ちいい感じ)の何かひとつ以上欠けるか、もしくは不十分なもので満足にSEXを行うことができない状態、

というような定義がなされています。

これらの条件に一つでも該当すればED、もしくはEDの可能性があるというわけですね。

EDの原因は”身体”と”心”にあり!



意外なことにEDの原因は心のみならず、体にも原因がある場合があります。

実は勃起というメカニズムには下記の要素が必ず必要です。
  • 脳の興奮を伝える神経
  • 男性器本体の海綿体
  • 海綿体に流れこむ血液
  • セックスできる精神状態
これらの要素がきちんと揃って初めて、正常に勃起するということになります。

そのため、これらの内のどれかが欠けていると満足に勃起しなかったり、あるいは勃起してもふにゃちんになってしまったり中折れになることがあります。

この状態を勃起不全、つまりED状態と言います。

そしてこれらの条件を破壊していくのが身体的な原因と精神的な原因の二つなのです。

身体が原因の場合

まず体が原因でEDを起こしていると思われる場合には、下記の病気や症状などを患っていないかどうかチェックする必要があります。

糖尿病

高脂血症

高血圧

動脈硬化

脳梗塞

これらの症状はEDとの関連性が極めて高く、そのリスクが非常に上がります。

例えば糖尿病であれば神経や海綿体の機能不全を起こすことになりますし、動脈硬化であれば降圧剤などお薬の影響から下半身に十分な血液が流れ込むことができず、結果的にEDになってしまうことが多いというデータがあります。

神経、そして海綿体、さらには血液など勃起に必要な要素を全て邪魔してしまいがちな厄介な病気が、上記のような病気となります。

そしてこの他にも、例えば交通事故で後遺症を持ってしまったり、病気などによって神経障害を負ってしまった場合、あるいは抗うつ剤や不整脈の治療剤などの薬を服用していることが原因でEDになることがあります。

この辺りについてはほとんど薬の副作用という領域の話ですので、症状が出ている場合には必ずドクター・薬剤師さんなどの専門家に相談する必要があります。

心が原因の場合



心がEDの原因になっているケースも十分に考えられます。

この場合は例えば鬱病やストレス、あるいは統合失調症などの精神疾患、もしくは精神疾患として表面上に出てきているものではなくとも心の奥底に日頃から眠っているトラウマなど、目には見えない心の影響で勃起不全状態を生み出すことがあります。

また、これらの症状を気にしすぎてプレッシャーとなり、本人にのしかかって結果的にまたED・・・という負のスパイラルを生み出してしまうということも十分に考えられます。

また人間は非常にストレスに弱い生き物なので、仕事場でストレスを抱えてしまったり常日頃から人間関係のストレスなどを持っていると、そのストレスが原因となって自分自身に自信をなくしてしまうケースもあります。

さらに場合によっては寝ても覚めてもストレスの原因から切り離せなくなるといった状況になることもあります。

こういった状況になるとセックスどころではなく、興奮も感じづらく、結果的に勃起しづらくなるという状況が考えられます。

なお、神経障害やうつ病などを発症している時には性欲という部分も刺激されづらく、これがもとでED状態になったり、あるいは擬似的に勃起不全の状態になるというケースも考えられます。

EDの気配があるなら心や体の不調のサインの可能性もあるので、自分を労り大事にしてあげましょう。

今すぐやりたいED対策最前線



ここでは今すぐに実践したいED対策の最前線とも言えそうな方法について色々とご紹介していきます。

どれも人気の方法で、比較的すぐに着手することができるものばかりとなっていますよ。

増大サプリを飲む

非常に手っ取り早い方法として増大サプリメントを飲むという方法があります。

増大サプリメントというのは一昔前の精力剤の進化版といったようなアイテムで、最近は日本国内で非常にブームになりつつある存在です。

増大サプリメントの中にはアミノ酸としてアルギニンやシトルリンなど、いわゆる勃起力の改善や血管の拡張に貢献する成分をはじめとして牡蠣に含まれるあの亜鉛、その他山芋の成分や古代タイ国で珍重されてきた精力剤の成分など、様々な成分が凝縮配合されているものもあります。

精力剤として昔よく販売されていたドリンクの中に入っている成分はほとんど増大サプリメントで網羅しており、それらの含有量も増大サプリメントの方が格段に多いという特徴があります。

さらにこれらの成分を毎日飲み続けるということになりますので、ED改善のみならず肌ツヤの改善、あるいは全体的な男性の活力のサポートにも繋がると非常に好評です。

勃起力の不足は栄養の不足というケースもありますので、まずはEDを疑う場合にはこの増大サプリメントを飲んで体の栄養環境を整えてみるというのも一つの方法です。

実際にこの栄養を補給するという方法を実践して、勃起力がまるで嘘のように改善し中学生ばりのビンビンさになったという口コミもあるほどです。

とにかく運動して生活習慣病に気をつける



いわゆる生活習慣病やその他糖尿病、高血圧、脂質異常症でEDを併発しているという人がなんと6割以上もいるというデータがあります。

また糖尿病の患者の方は8割以上がEDであるというデータも存在します。

それほどまでに血液に関係する病気や生活習慣病などは勃起力に影響を及ぼすと言えます。

そしてこれらの生活習慣に関連する病気を防ぐためには、まずは1に運動、2に運動です。

特に喫煙や飲酒もバンバンされるという方については加齢とともにどんどん体の機能や男性ホルモンも低下していきますので、運動を取り入れて体のサイクルを回すようにしていきましょう。

ちなみにこの運動を取り入れるという行動にはもう一つ副産物があります。

それはセックスの体力が伸びるということです。

運動で体力をつけることによって、そもそもセックスも一発あたりにかけられる時間が伸びますし、これまで一回で疲れてしまったのが二回・三回とできるようになり、パートナーも大喜びで一石二鳥ですよ。

ストレス発散して気分転換を大切にする



いわゆるうつ病などの精神疾患を患っていたり、精神疾患の薬を現在投薬治療中であったりする場合にはそれらが原因でEDになることも十分に考えられます。

またそれと同様に昔のトラウマが原因となることもまた、十分に考えられます。

これはEDの回復薬やED治療薬では改善できないケースもありますので、長い時間をかけてパートナーと一緒に精神的な治療をしていくか、あるいは医師などの専門家と一緒に二人三脚で精神的ケアに臨んでいく必要があります。

しかし過去のトラウマや現在進行形の精神疾患はさておいて、日頃のストレスが積み重なったり心配事が頭から離れないでいるような状況が続くと今後、性的興奮がしづらいといった状況になることもあるでしょう。

そのため日頃ストレスを感じる環境にいらっしゃる方は、なるべくストレスを取り除くようにし、さらに適度にストレス発散を旅行やカラオケ、それに趣味などに費やすことで行う必要があります。

これらのストレス発散をきちんと適切に行っておくことでよりセックスに集中することができるようになります。

裏を返せば、勃起力が弱くなってきた・あるいは性欲が湧かなくなってきたという場合は非常に精神的に疲弊していることも考えられますので、まずは趣味の時間を増やしたり休暇を取るなどのストレスケアの行動をとるようにしたいところです。

ED対策QアンドA



ここではED対策に関して読者の方からよくいただくご質問に対して、QアンドA形式でお答えしていきます。

Q.EDで病院に行くといくらかかる?

A.1回あたり数千円から一万円前後、初診の場合は初診料がプラスになります

EDで病院にかかかろうとした場合、日本国内だと保険適用外ですので診察も検査費用も全て保険適用外・完全自己負担となります。

このため若干保険診療よりは割高になりますが、具体的には1回あたり数千円から1万円前後で診察とお薬代がセットになっているイメージです。

ただしクリニックによっては診察が無料でさらには尿検査も無料、薬代のみ請求されるというところもありますので、この辺りは事前に病院によく確認した上で診察を受けるようにしたいところです。

ちなみにバイアグラなどのED治療薬については一錠あたり1,000円から2,000円前後で処方してもらうことが可能です。

仮に一度に8錠処方された場合には8,000円から16,000円程度ということですが、この辺りについては相談の上、処方される薬剤の分量が決められることになります。

お薬も良いのですが、いつセックスの機会が訪れるかわかりませんので、すぐにセックスできるように日頃からED対策をきちんと講じるようにしていきたいところです。

Q.ふにゃちんや中折れをなくすにはどうすればいい?

A.一に増大サプリ、ニにチントレ、三に増大クリーム

ふにゃちんや中折れをなくすにはまず、男性器自体を強化していく必要があります。

男性器を強化する方法にも色々とありますが、まず当サイトでオススメできるのは最初に増大サプリを飲むことです。

増大サプリを飲むと体の中からペニスに流れ込むことができる血流量を増加するようにアプローチできますので、勃起力の改善などが期待できます。

そして二つ目はチントレです。チンコのトレーニングをさします。

この方法によって男性器を大きく強くすることができますので、これも常日頃から取り組んで行きたいところです。

3つ目にオススメしたいのは、増大クリームを利用するということです。

増大クリームを利用しながらチントレを行い、さらに増大サプリメントも併用することによって効率よく男性器を強化することができるようになりますよ。
まとめ
  • EDは勃起不全状態の他に、勃起や射精に差し支えがある場合も指す
  • 高血圧や糖尿病などの場合はED率が上昇する
  • 心がEDの原因になっている場合にはパートナーや医師と二人三脚でのケアを
  • EDの防止には増大サプリがおすすめ
  • ストレスケア発散もED防止に効果的
EDは勃起しないという状態を指すのみならず、勃起することや射精することに何らかの障害がある場合もEDとして認定されることがあります。

特に高血圧や糖尿病などを患っている場合にはEDを併発している可能性が非常に高く、特に糖尿病の場合は8割以上の人がEDを併発しているというデータがあります。

EDの原因の一つである心因性の部分については、バイアグラなどのED治療薬などでケアをすることができないケースもありますので、そういった場合にはパートナーや専門家のドクターと二人三脚でのケアをしていく必要がありそうです。

これからEDになるのを防止したいという場合には増大サプリメントを服用したり増大クリームを使ったチントレに励むなどして、体の中と外からより勃起しやすい環境作りをしていくことが理想形です。

らにストレス発散をすることもED防止には非常に効果的ですので、出来る限り趣味の時間
このページの先頭へ戻る