【永遠の悩み】ペニスを太く大きくするベストプラクティスはないの?どんな方法があるの?

昔は人生50年と言いましたが、今や人生80年の時代。

男性には古来よる、思春期を迎える中学1年生頃から、つまり13歳から14歳頃からずっと抱え続ける永遠の課題(宿命)というものがあります。

それが、男性器の大きさです。

この大きさ、何とかならないでしょうか。

持って生まれたものなので、さすがに手術をすることも交換をすることも容易にはできませんし、なんとなくそういった類のお薬も怖いと感じる方が多いのも事実です。

そこで今回は、男性が男性器を大きくする方法をまとめてみました。

増大サプリはお薬ではないため、そこまで怖くはないものの、これ以外に何か方法はあるのでしょうか?

今回はその辺についても切り込みました。

トレーニングだけでは限界がある

安全確実に男性器をでかくしたいなら、でかくするために必要な栄養素を取り入れる必要があります。

もちろんちんトレでも大きくすることは可能ですが、体を大きくする話なので、プロテインを飲んで筋トレをするのと同じく、栄養が必要です。

主にL-シトルリン、L-アルギニンを摂取する必要があるのですが、その二つを効率よく大量に摂取するなら、ヴォルスタービヨンドがおすすめです。

最新のペニス増大サプリ、ヴォルスタービヨンドなら、L-シトルリンを1日801mg、L-アルギニンを1日282mgも摂取することができます。

カプセルが大きいのが少し難点ですが、それだけ成分が入っている証だそうです。もちろん管理人も愛飲中です。

男性器をでかくする方法

先ほども少々宣言いたしましたが、やはりペニスの大きさ、つまり男性器の大きさの増大は全ての男子の永遠の夢であり、希望でもあります。

え?何ですか?

「平常時15センチ以上あって勃起時には25センチを超えるから、大きさなんてどうでもいい」、

ですか?

はいそういう方はお引き取りください。こちらからヤフーにでもどうぞ。

話を続けます。

まあ、我々を含むほぼ全ての男子はこのような状況ではなく、やはり1センチでもデカく!5ミリでもデカく伸ばしたい!と思われている方がほとんどないのではないかと思います。

私の手元にある文献(マンガ)では、

「宇宙じゃ2ミリで命を落とす!!」

という名言がありました。

まあ、それだけ言うくらいですから、5ミリでも貴重です。

そして10センチをいきなり20センチにすることが難しくても、せめて中学生の時のような破竹の勢いというものをまた、体感してみたいという方もいらっしゃることでしょう。

そもそもこのデカくしたい、という欲求は下手すると最近のお子様は早熟ですから、小学校で行う林間学校ぐらいから出てくるのかもしれません。

もう少し世代が上になってくると、中学校の修学旅行、高校の修学旅行などから気にし始めたという方もいらっしゃることでしょう。

なんだかんだ男性というのは、トイレなどでその大きさを比べることができるケースが多いことから、日常的に話題にもなります。

たまにクラスメイトの中にとんでもなく大きいやつがいたりして、嫉妬に枕を濡らした日々をお過ごしになられた方もいらっしゃることと思います。心中お察し申し上げます。

また、大事なファクターとして、皮がむけているか・むけていないかというものも、同じような問題としてあげられることが多いですよね。

こちらについても剥けてる・剥けていないの問題ではなく、実は大きければ勝手に剥けるというような結論に行き着く、ということも考えられないでしょうか。

よくよく考えてみると、大きければ皮を使う面積も増えるわけですし、結果的につるんと勝手に剥けてしまうかもしれません。

そこを考えていくと、大きくするという欲求を叶えるということは、結果的に皮をむきたいと言う男性諸氏の願いも同時にかなってしまう、いわゆる「ONE Stone Two Bird」(O.S.T.B)かもしれません。まあ言ってしまえばワンストーンツーバード、一石二鳥ですね。

そこで色々考えてみたいのですが、まずそもそも、男性器を大きくする方法にはどのようなアプローチがあるでしょうか。

少し考えてみると、いわゆる
  • 物理的な方法で大きくする方法
そしてそういった
  • 器具を使ってみる方法
  • 通販で売っているクリームを使ってみる方法
  • 増大サプリを使ってみる方法
などなどがありそうです。

あ、ちなみに私が怖いので、勃起薬などの使用は今回は取り扱いません。あしからず。

ひとまずアプローチ別に色々まず見ていきましょう。

トレーニングは効果がある?


一番最初に考え着き、さらにすぐにでも実行できるのは、このチントレです。

実際のところどのくらいの効果があるものなのでしょうか?

ネット上を見てみると、かなり盛り上がっている話題であることがわかります。

インターネットの世界も、もう個人が情報を発信できるようになって30年程度が経ちますし、Webも1.0の時代から見ていくともうかなりの年数が経っていることから、10年以上前の掲示板のログを見ることもできるようになりました。

当時の懐かしい掲示板のログを漁ってみても、やはり当時からそういった話題は活発に議論が交わされており、その中で様々な情報を発見することができました。

何やらストレッチと同じで、海綿体の組織自体を引き延ばすことで入り込む血流量を増加させ、大
きくするという事みたいですね。

確かに寒い時には縮こまっていますから、なんとなく道理は分かります。

ストレッチ
一つ目の方法として有名なのが、このストレッチという方法です。

いわゆる男性器をそのまま伸ばすようなイメージですね。

これはもう心赴くままに様々な方向に、ゆっくり無理なく・痛くなく・伸ばしてあげるとよろしいのではないでしょうか。

確かにこの方法でもある程度伸びそうな気はします。

長さも出そうな気がします。

また、気になる記述を見つけたのですが、どうも体重がある人についてはお腹に男性器が埋もれているだけだ、それに気づけ、という説もあり、その埋もれているものを引っ張り出してあげるだけでも増大に繋がると言った記述がありました。

こちらについても、お心あたりの方は試して行きたいところです。おそらくストレッチという範疇になるのではないでしょうか。

ミルキング
若干専門用語チックになってきましたが、このミルキングという方法もあります。

ミルキングというのは、おそらく牛の乳搾りと同じような語源だと思うのですが、要するに根元から先端に向かってまるで、牛のお乳を絞るかのように血液を先端に流すように握っていく、もしくは伸ばしていくという方法です。

この方法を行うことによって徐々に血流が良くなり、そして最終的に伸びていくということになるわけですが、これについても自慰行為にならないように徐々にやっていくと良いという話がありました。つまりちんとれ中のフル勃起、ダメ、ゼッタイ。

感想としては、ストレッチとミルキングを合わせることによって結果的にトレーニングに費やす時間が長くなることから、この二つを併用すると効果がより増えることがあると言われているのではないかと思いました。

増大クリームは効果なし?

そしてチントレに関してみて行くとまた、同じようなアプローチで増大クリームというキーワードが出てきます。

これは男性器に塗るだけでそのサイズが大きくなると言われる代物で、一般的には血流の改善などに効果があり、その結果として大きくなると言われています。

日本国内ではヴィトックスという増大サプリが姉妹品として出している増大クリームを筆頭に、さまざまなクリームが販売されており、また、海外製品にもこういったものは存在します。

ただし肌荒れなどを考えると、やはり国産の方が日本人男性のデリケートな部分に優しいのではないでしょうか。

さらに、気になるところを発見しましたが、どうやらこの増大クリームというのは、ストレッチやミルキングなどに端を発するいわゆるチントレの際に併用すると、効果が増大・増幅するという記述がありました。

よくよく話を聞いてみると、どうやらストレッチやミルキングというのは、それなりに摩擦が発生することが多いらしく、つまるところ包皮を下に固定した上で行う作業のようなのです。

そうなってくると話は別で、やはり何も潤滑剤がないと痛いですよね。

そこを考えて行くと、こういったちんトレを行う際には増大クリームもあった方が良い、ということになるわけです。

単純な潤滑油でも良いとは思うのですが、変にローションを使うと自慰行為になってしまうでしょうし、いろんな意味で女性の力を借りるというのもプライドが許さないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで増大クリームというのは、効果もあると考えられることから理にかなっている併用と言えるかもしれません。

増大器具を使う方法

そして増大器具を使った方法についても少し考えてみたいところです。

増大器具というのは、いわゆる昔からあるバスト増大マシーンのような形で対象の部分を真空の力で引っ張ることによって大きくするという方法です。

要するに掃除機のホースに男性器を突っ込み、そのまま掃除機のスイッチを入れるという原理です。

まあ、さすがに掃除機に突っ込むと物理的にも絵面的にも危険極まりないので専用の器具を使うことになるわけですが、結果的にこの方法もある程度効果はあるかもしれません。

しかし、機械の力を制御することができないと内出血を起こしてしまったり怪我をしてしまったりする可能性が捨てきれません。

場所が場所だけにそういった部分の怪我というのは、できるだけ避けたいですし、この器具を使うという方法はあまりおすすめできないかもしれません。

やっぱりサプリがおすすめな理由

ここまでちんトレを行う方法と、増大クリームを使う方法、そしてそのちんトレと増大クリームを合わせ技で行う方法、のアプローチを、男性器をでかくする方法として考察してきました。

基本的にはやはり筋トレと増大クリームは相性がいいようなので、一緒に併用するようにしたいところです。

そして増大クリームの中には増大サプリの姉妹品もあると先ほど少しお伝えしたところなのですが、その増大サプリの姉妹品である増大クリームの説明書を見てみると、どうやら増大サプリも一緒に併用すると三つ巴となり、効果がものすごく高くなるようだ、ということがわかりました。

増大サプリというのは、何か危険なものなのではないでしょうか?

国産の増大サプリは成分的には天然成分のアミノ酸などが入っており、さらにその上でマカやトンカットアリなどの植物成分が入っている栄養補助食品なので、健康にもとてもいいサプリです。

確かにこれだけの成分が入っていれば血流も良くなるでしょうし、結果的に男性器も大きくなることでしょう。

さらにそれに合わせてストレッチやクリームを使ったトレーニングをしていれば、これはもう大きくならない方がおかしいと言っても過言ではないかもしれません。
このページの先頭へ戻る