更年期におすすめのサプリはどれ?どんな成分を選べば良いの?

【目次】
  • 定番の更年期専用サプリまとめ
  • 更年期専用サプリの成分
  • 更年期におすすめなサプリの種類
  • 更年期専用サプリの選び方

  • ・悩みに合った特徴が得られるかチェックした
    ・試しやすい価格か、続けられる価格か
    ・飲みづらくないか、味や香りにクセはないか


  • 味や香りが意外とネックに
  • 毎回病院に行って薬をもらうのが面倒な私が、販売されている更年期用のサプリを試して選びました。

    更年期によさそうなローヤルゼリーやプラセンタ、漢方も試しましたが病院の漢方薬はニオイが気になってしまいのむのが苦痛でした(泣)

    サプリはコーティングされていたりと工夫があるのでどんな成分が含まれていても無理なく飲むことができましたが、

    肝心の選び方がまとまっていなかったので情報を集めてまとめました。

    定番の更年期専用サプリまとめ

    更年期専用サプリを選ぶにあたり、一番大切なのはやはり「実感」ですよね。せっかく買ったのに体に変化が泣ければ意味がありません。
    ただ、更年期専用サプリの商品によって価格にバラつきがあり

    「あまり安いと成分も薄そう」
    「高すぎると続けにくい」

    と悩んでしまいますよね。
    定番の更年期専用サプリの価格や情報、続けるための一日当たりのコストをまとめました。

    商品名 初回価格 2回目以降 特徴
    高麗美人 2,570円 2,570円 定期回数縛りなし
    白井田七 4,298円 5,598円 サポニンが最も多い
    エクオール+ラクトビオン酸 5,832円 5,832円 エクオールの定番
    馬プラセンタTP200NEXT 2,700円 2,916円 美容にも気を配りたい
    アサヒのローヤルゼリー 3,980円 3,980円 疲れやすさを感じる
    基本のサプリ 2,730円 4,914円 大豆イソフラボンのサプリ
    ※価格は全て税込で計算しています。
    高麗美人

    月1袋定期の場合、2,721円

    2か月ごとに2袋の場合、2,570円

    定期1日当たり83〜98円


    サポニン含有量は圧倒的!更年期対策に必須な成分をぎゅっと凝縮
    続けやすい価格と開封後でもOKの30日以内の返金保証。

    更年期専用サプリの中でも高麗人参エキス成分を凝縮した高麗美人。漢方薬としても有名な高麗人参に含まれる成分、サポニンが更年期にマークアップしてくれます。
    不定愁訴にあげられるほてりやのぼせ・イライラ・気分が沈む・ストレスなど幅広い更年期の悩みに期待できます。

    白井田七

    初回3,980円

    定期1日当たり167円

    更年期専用サプリの中でも有効的なサポニンが最も豊富
    更年期のイライラ・のぼせ・血行不良などに
    漢方の一つでもある田七人参は含まれている成分の中でも豊富なサポニンで女性ホルモンをサポートする働きから、更年期にダイレクトに働いてくれます。
    農薬不使用で育った田七人参を天然に近い状態でサプリメントにしているのにも関わらず1日あたり自動販売機のペットボトル代程度で済むのは他にはありません。保険がきかず、高価な値段になりやすい漢方薬ですが安心の価格帯です。

    エクオール+ラクトビオン酸

    定期5,832円(毎月1本の場合)

    定期1日当たり194円

    エクオール研究の専門医と開発されたサプリです
    最も売れているエクオールサプリの定番です

    更年期専用サプリの中でもメディアや口コミで最も話題になっているのがエクオール+ラクトビオン酸です。商品名にもなっていることからエクオールサプリの定番中の定番です。 豆腐や豆乳などの大豆食品が更年期に期待ができる理由として、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインがエクオール産生菌によってエクオールになるためです。
    エクオールは女性ホルモンと似た働きをするので、更年期専用サプリの期待できる成分の最終形がエクオールです。

    しかし、女性の2人に1人がエクオール産生菌を持っていないため、ダイゼインを含む大豆食品やイソフラボンのサプリを飲んでも意味がないことになりかねません。
    はじめからエクオールを摂取できる更年期対策のサプリメントとして「エクオール+ラクトビオン産」が話題になっているのです。

    ほてり(ホットフラッシュ)・こり・いらいら・かさつき・動悸・気分の沈み血行不良・冷え・多汗・に。

    アサヒSAIローヤルゼリー48EX

    本品3,980円

    定期1日当たり132円

    デセン酸含有量が高く完全な無添加
    100%ローヤルゼリーにも関わらず低価格で混ぜ物なし
    ローヤルゼリーも更年期専用サプリとしておすすめ。アセチルコリンが豊富。1ヶ月しっかり飲めば変化に驚きます。
    ローヤルゼリーについてもっと詳しく知りたい方は
    馬プラセンタ TP200next

    初回2,500円

    定期1日当たり94円

    更年期対策にプラセンタを飲んでみたい方におすすめ
    国産馬プラセンタで最安だが純度が高い
    美肌にも期待できる馬プラセンタ。エストロゲンの産生をサポートする特徴があります。イライラ・眠れない・ホットフラッシュ・多汗などに。プラセンタにも女性ホルモンに似た作用がある為、値段を抑えつつも更年期対策ができるので人気です。

    キッコーマン基本のサプリ

    初回2,527円

    定期1日当たり164円

    たっぷりの大豆イソフラボン
    ポリフェノール・葉酸(400μg)・ビタミンD3など更年期によい成分が入っている

    タブレット型の錠剤。粒が小さいのですっと飲むことができます。
    更年期にのほてりに対して研究データとしても実証されている大豆イソフラボンをたっぷり摂れます。
    高品質マカ
    品質を最重視した最高品質マカを使用
    男性の更年期に人気。
    マカも更年期対策成分として有効。



    それぞれの特徴をまとめると
    女性ホルモンの減少を穏やかにするサポニンが豊富。

    定期購入にありがちな縛りや回数制限がない。
    ⇒高麗美人

    価格は高麗美人より特徴だがサポニン量が豊富。フラボノイド、ギャバといった成分も摂取できる。
    ⇒白井田七

    エクオールサプリの中でも定番中の定番。定期回数の縛り回数がないので手に取りやすい。
    テレビや口コミでも話題なので流行りにのるなら今。
    ⇒エクオール

    美容にも気を配りたい人にプラセンタ。リスクのあるプラセンタ注射よりおすすめ。
    定期回数の縛り制限がないのも嬉しいですね。
    ⇒馬プラセンタTP200next

    定期購入だと3回の継続が必要ですが安価で続けやすい
    ⇒アサヒのローヤルゼリー

    定期購入の場合は5回の継続が必要ですが、大豆イソフラボン量はピカイチ。
    ⇒基本のサプリ

  • 特に試して良かった成分

  • サポニン
    女性ホルモンや副腎皮質ホルモンをサポートしてくれるサポニン。イライラ感やホットフラッシュなどに働きかけれくれます。

    サポニンを最も気軽に試せる更年期専用サプリが手に取りやすい値段で飲める高麗美人です。

    漢方としても利用される田七人参のみが原料となっているサプリメントが白井田七です。サポニンが高麗人参の7倍以上の含有量を誇っています。

    エクオール
    更年期に対して外せないキーワードとなっているエクオールは女性ホルモン様の作用をしてくれるので、当たり前ですが直接エクオールを摂取するのが一番効率的です。

    ですが、エクオールのサプリは商品数が少なく定番と言えるのはエクオール+ラクトビオン酸ですね。高麗美人よりも少し値段がするものの更年期に対して試したいサプリの一つですね。

    プラセンタ
    プラセンタは馬や豚の胎盤を抽出した成分であり、病院では古くから使用される成分です。

    赤ちゃんを大きくさせる成長因子が働いてくれます。

    ホットフラッシュやのぼせなどに期待でき、TP200nextが安価なのも魅力的です。更年期対策だけでなく美肌が期待できるのも女性にとってはうれしい一つの効能ですね。

    ローヤルゼリー
    更年期専用サプリの王道中の王道がローヤルゼリーかと思われます。

    デセン酸という成分がローヤルゼリーには含まれていて、女性ホルモンの一種でもあるエストロゲンと同じ作用をしてくれます。

    アサヒのローヤルゼリーは混ぜ物無しの純度100%で無添加なので誰でも安心して飲めるのも選ばれた理由の一つです。

    大豆イソフラボン
    醤油で有名なキッコーマンの基本のサプリが主力となっている大豆イソフラボン。
    ローヤルゼリーと同じように女性ホルモン様の作用をもっているので顔のほてりやのぼせといったホットフラッシュだけでなく冷ひえや肩こりにも良いですよ。

    味に渋みがあるので好みに個人差はあると思われますが、粒のサイズや渋みが気にならなければおすすめしたい更年期専用サプリの一つです。
    どの成分が、更年期のどんな悩みに良いかを知りたい方は、
    知っておきたい更年期専用サプリの種類を参考にしてください。

    更年期専用サプリ一覧

    更年期専用サプリの選び方に迷ったら、それぞれの特徴を把握すると分かりやすいです。
    ・漢方系
  • 和漢の気持ち

  • 添加物を最小限に抑えつつも生薬成分をギュッと凝縮したサプメントですが医薬品に指定されてます。ニンジン・シャクヤクなどの11種類の和漢生薬でホルモンバランスの崩れからくるひえや体の不調に対策します。

  • エバーライフ まるごと高麗人参「紅麗珠」

  • 高麗人参とその実でもあるジンセンベリーが主成分で漢方にも使用される成分です。更年期特有のイライラ、無気力に悩む人に一度は試してみたいサプリです。

    ・ローヤルゼリーのサプリ
  • ローヤルゼリーA錠

  • 岐阜県にある老舗養蜂所「秋田屋本店」が展開するブランドAKIPUREが販売しているローヤルゼリーA錠。他にもはちみつやプロモポリスなどの健康食品を中心に展開していてはちみつを使用した化粧品も取り扱ってます。生のローヤルゼリーを使用しているので高品質は間違いなし。疲労回復に
    有効的なビタミンB1を配合しています。一日1粒で気になる体の疲れや倦怠感に働いてくれます。

    ・マカのサプリ
  • full-me MACA

  • マカも更年期の補助サプリとしておすすめです。高品質の国産無農薬マカを使用しているfull-me MACAは海外産のマカに比べてギャバやリジン・アルギニン・プロリンなどの成分が豊富に含まれています。

    卵殻膜パウダーも同時配合しているので美肌や美髪にも期待ができます。

  • ヤマノ マカ

  • ヤマノのマカは添加物や凝固剤を使わないこだわりと超微粒子で加工してあるので純度が高いのが特徴。

    国産のマカを使用しているわけではありませんが粒・カプセルパウダータイプとわかれいて、1980円という試しやすい価格も人気です。

  • DHCマカ

  • サプリで有名なDHCのマカです。1620円で1か月分なのは魅力的ですよね。使用しているマカは海外産ですが、マカは希少な成分なため大手のDHCが製造してもある程度の金額はするということですね。

    濃縮されたマカエキスをはじめとして冬虫夏草やガラナ、亜鉛、セレンといった体の疲れに有効的な成分が配合されています。

    ・医薬品
  • 小林製薬 命の母A(第2類医薬品)

  • サプリではありませんが命の母も更年期の定番といえば定番です。サプリと違い医薬品なので飲む量に十分な注意が必要ですが、13種類の生薬やビタミン、ミネラルを配合しています。


  • タケダ ルビーナ(第2類医薬品)

  • 価格は20日分で3,080円の更年期の定番、漢方薬でもあるタケダのルビーナ。ルビーナは日本で考案された連珠飲と呼ばれる漢方に由来していて、ほてりやひえを合併している方におすすめです。


  • 薬日堂 トコフェロンEナチュール(第3類医薬品)

  • 医薬品は特徴・効能を表示することができ、悩みに対して対策が証明されている安心感がありますよね。自分の悩みに合ったものを選ぶことが大前提となりますがトコフェロンEナチュールもひえや肩こり、手足のしびれに向いています。

    ・大豆イソフラボンのサプリ
  • イソラコン

  • イソフラボンの高い吸収力で13年以上のロングセラー商品がイソラコンです。イソラコンの含まれているイソフラボンは麹菌によって分解された分子の小さなアグリコン型となっているため、吸収力が高くなっているのです。

    ビタミンCやビタミンB12、ビタミンEなどもバランスよく配合されているため商品価格は少し高めですがリピート率は驚異の8割以上のサプリです。


    知っておきたい更年期専用サプリの種類


  • 漢方系
  • 漢方系は田七人参や高麗人参などをはじめとしたサプリです。更年期の幅広い悩みをカバーしてくれますが特にのぼせやイライラ感、ひえ・肩こり・の悩みにおすすめです。

  • ローヤルゼリー
  • ローヤルゼリーはひえ・肩こり・耳鳴り・不定愁訴の対策が報告されている成分です。

    タンパク質が多く、果糖やブドウ糖、脂肪、、ビタミン・ミネラルなどが含まれていて女王バチの餌としても有名です。

  • プラセンタ
  • 漢方では紫河車と呼ばれ豚や馬の胎盤を原料にしたサプリです。美容サプリとしても有名です。

    イライラや不眠、重い生理痛。のぼせやほてり、多汗の悩みに期待できます。

  • 大豆イソフラボンサプリ
  • 大豆の中に含まれる成分として有名なイソフラボン。女性ホルモンの一種「エストロゲン」と似た働きをするので、更年期の対策に期待ができる成分の一つです。

    更年期は40〜50代の閉経前後にかけて急激に減少することでホルモンバランスがくずれて冷え性や肩こりライラや不安・倦怠感の悩みがでます。
    ホルモンバランス量を整えるイソフラボンも更年期対策には外せない成分ですね。

  • マカ
  • アブラナ科の多年生植物で南米のペルーが原産です。アルギニンが豊富に含まれていて生理不順・ひえ・だるいなどの対策に特徴的です。

    幅広い悩みを持つ更年期はどのサプリが一番自分にあっているのかは飲んでみないことにはわかりません。

    しかし、人気や値段の安さで選ぶのではなく自分に出ている悩みに合わせて、サプリを選ぶようにしましょう。

    定番の更年期専用サプリまとめはこちらへ

    更年期専用サプリを飲む前に知っておきたい注意点


    更年期を抜け出したいからと言って決してサプリの過剰摂取はしないでください。

    更年期専用サプリ問わずサプリに分類されるものはあくまでも健康食品に該当し、副作用の心配をする必要がないということはありません。

    日本で販売許可がされている成分でも海外では医薬品として管理されていることがあります。

    逆もしかりで日本においてもサプリとして配合されている成分が医薬品おして使用することがあります。


    例えば、大豆イソフラボン。大豆や大豆イソフラボンの摂取を巡っては、農林水産省より以下のような内容が公表された経緯があります。
    参考:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A
    医薬品でもない大豆イソフラボンに対して国がこのような公表をする場合もあるのです。

    プエラリアに関する消費者庁による注意喚起も記憶に新しいですね。
    http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/other/pdf/consumer_safety_other_170721_0001.pdf

    プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A

    プエラリアも植物からとれる成分です。しかも、当たり前のようにサプリメントに使われている成分です。しかし、どんな薬だって飲み過ぎは健康を害すこともあります。。自然な植物からとれる成分だとしても過剰摂取すれば危険だということを認知しておきましょう。

    更年期専用サプリにおける事例も確認しておきましょう。

    古くはアメリカ先住民の医療で使用され家庭薬とされてきたブラックコホシュと呼ばれるキンポウゲ科の植物は、更年期に使用されたり販売されていました。アメリカと日本ではサプリメントなど健康食品という形で販売されています。

    しかし、このブラックコホシュに対して厚生労働省が複数回に及ぶ注意喚起をしていて、海外では多数の事例が報告されています。
    http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail2187.html

    たくさん飲めば特徴がもっと実感できるということはありませんよ。

    注意喚起をしているのにも関わらず、目安量を守らない人は多くいます。

    サプリメントの飲み過ぎは絶対に控えてくださいね。

    更年期になったらどうすればいいの?


    更年期は体に出る肉体的な悩みと心のバランスを崩す精神的な悩みがあり、どちらか片方だけの場合や両方同時に出る場合もあります。

    動悸や頭痛などの体に出る以上があるのに病院で検査しても不定愁訴として扱れることから、自分が更年期なのか見極める必要性があります。

    重い場合は病院で専門の検査を
    病院ではまずホルモンの数値を調べてから医師による診察と診断が行われます。

    更年期とわかったときの病院における治療法は主に2つです。


  • 病院ではホルモン調整するための治療が主流
  • ホルモン異常が深く関わってる更年期。根本的な治療として具体的にはホルモン補充療法(HRT)と呼ばれ、卵胞ホルモンを補うエストロゲン単剤であるプレマリンが処方されます。


  • 心療内科でも漢方薬を併用することも多い
  • 精神的な悩みがあるときには自律神経の乱れをなくして正常にする薬も出されることもあります。

    他にも心理的療法としてカウンセリングもあります

    自宅でも対策の為工夫することが大切
    医師やカウンセラーなどの治療に頼るだけでなく自分でもできる更年期の対策はしていきましょう。

    例食事の対策は自宅療法の代表でもあり、例えばホルモンバランスを整えるビタミンEを含んだ大根やカボチャ、明太子などの食品を摂取するなど食事の内容に気をつかってください。


    食事だけでなく心を休める時間やストレスをあまり溜め込まないライフスタイルを心がけて更年期の対策をしていきましょう。