更年期障害みんなの対策・改善法まとめ〜症状に気づいたらどうしたらいい?〜

更年期障害かなーと感じたらどうしたら良いのでしょうか?
ここでは、更年期障害の症状を経験した方が実際に行った対策や改善方法をまとめてみました。更年期障害を和らげるためにも治療法のきっかけになれば幸いです。

更年期障害の症状も度合いも本当に個人差が激しく人それぞれですが、色々な方の意見を聞いてみると、いくつかの対策法に評価が集中しました。

更年期障害の対策@【漢方を処方してもらう】

更年期障害は、ホルモンバランスの乱れによるところが多いので、漢方が有効な場合は多く、漢方を飲んでみたという方は意外と多いようです。
実際、漢方治療は更年期障害の良い適用となっています。漢方薬の良いところは、精神的・身体的悩みの複数に働く所です。
しかし、それぞれの漢方薬に合う・合わないの個人差がありますので、自分に合った漢方薬を見つけるところがまず大変なようです。
また、若干経済的にも負担がかかる対策ですので、財布と相談、という面もあるようです。

更年期障害の対策に用いられる漢方の一例

防風通聖散・当帰芍薬散・温清飲・温経湯・加味逍遙散・五積散・当帰四逆加呉茱萸生姜湯・女神散・桂枝茯苓丸・苓姜朮甘湯・八味地黄丸・半夏厚朴湯など。

更年期障害の対策A【病院の診察を受ける】

病院の診察を受けている方が思ったよりも少ないのが更年期障害。日頃から感じることのある症状だけに、本人が病院に掛かろうとすることが少ない為、家族に連れられてという方が多いようです。

診察科目で多いのは、やはり婦人科と心療内科です。生理不順や不正出血だけでなく、ひどい倦怠感を感じたら無理をせず一度婦人科へ行ってみましょう。身体的な症状に対してホルモンバランスを整える処方をしてくれる病院が多いようです。

一方、焦燥感や不安感、焦りやイライラなどに対しては心療内科となりますが、抗うつ薬や抗不安剤を飲むことへの抵抗感がある方も多いようです。精神的な主訴に対してこれらの薬が有効な場合もありますし、根本的なホルモンバランスを改善しなければあまり効果を感じられないという意見もありました。

更年期障害の対策B【対症療法を試みる】

漢方や薬は飲まずに、対症療法で乗り切ったという意見もありました。更年期障害には身体を温めるというのは非常に有効ですし、冷え性が主症状の方は身体をとにかく冷やさないという対策をされています。また、食事を見直して症状の緩和を試みたという方も多くいらっしゃいました。
食事の一工夫として多かったのはやはり「大豆」などの豆類です。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン様の働きをする為、食生活を改善し、ご飯と一緒に大豆を炊く、豆腐を毎日食べる、豆乳を飲むようにするといった工夫をよく聞きました。

更年期障害の対策C【専用のサプリを飲む】

意外と多かったのが、「更年期のサプリ」を飲んでいたという方です。具体的には、「命の母」「白井田七」「基本のサプリ」「マカのサプリ」の名前があがりました。病院に通院する時間がなかなか取れない、漢方は費用がかさむ、食事にまで気が回らない、といった方が実生活では多く、費用的にも安価で、時間や場所の制限を受けないサプリメントは大変重宝されているようです。また、サプリメントの主成分は漢方などの生薬や大豆イソフラボンのものですから、普段の食事にプラスして飲むだけで、ホルモンバランスに良い影響を与えられるというのが最大のメリットと言えるでしょう。
しばらく飲み続けなければいけないという前提はありますが、更年期障害を何とかしたい!まずは何かしてみよう!という方は一度試してみると良いかもしれません。

更年期障害の症状とはどんなものがあるのでしょう?一般的には、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせ、頭痛やはきけ、めまい、うつ状態、そして生理不順やイライラ、などがあげられますよね。

また、男性女性でも違うものでもあります。ここでは、更年期障害特有の症状についてまとめてみました

そもそも更年期障害とは

更年期障害は、ホルモンバランスの乱れが原因で起こります。
女性の方が更年期障害に悩む方が多いように思えますが、自律神経失調症の一つであるため男性、女性共に起こりえます。

とはいえ、女性は更年期に「閉経」という一大イベントを迎えることになります。
閉経が近づくにつれ、卵巣の機能は徐々に衰えていきます。
それにともなって、「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌が減っていくのです。
これがホルモンバランスの乱れとなって、更年期障害へとつながる簡単なメカニズムです。

身体的にも、精神的にも様々な不調を感じる更年期障害。
「わたし、更年期障害かも・・・」と感じている方がこのページには多くいらっしゃっているかと思います。

それでは、更年期障害にはどんな症状があるのでしょうか?

主な更年期障害の症状

更年期障害の症状は、男女とも共通に見られるものが多いようです。

更年期障害の肉体的症状

更年期障害では肉体的苦痛が伴ってくることが多いです。ではいったい、どのような症状なのでしょうか?これとハッキリ決まった症状はありませんし、人によって状態も異なります。
ただ統計的に見て多いのが、ホットフラッシュです。ホットフラッシュとは気温は高くないのに汗をかいたり、顔や体がほてったり、のぼせたような暑さを感じる症状のことです。
それくらい我慢すれば?と他人は思うかもしれませんが、本人にしてみれば体の動きが悪くなったり、のぼせて気分が悪くなったり、避けがたい不快を味わうこととなります。
ホットフラッシュ以外にも現れやすい症状とは
めまいや胸の動悸もよく言われます。立ちくらみで転びそうになったり、外出先でのめまいは怪我や事故にもつながりかねません。通常動悸が激しくなると心臓病や不整脈などが疑われますが、更年期障害の場合はそこまでの動悸・頻脈になるわけではないので全く病気とは関係なく病院で心電図検査をしても心臓の問題や不整脈の診断が下されるような事はありません。

慢性的な頭痛、吐き気、胸のむかつき、不眠もよく聞かれる症状です。少しの動きで息切れしたり、肩こりや腰痛がきつくなったり、ドライアイでパソコンはおろか日常的に目の乾きが気になるような症状もあるので、仕事に影響が出かねません。生理不順や尿漏れなど、人には言いにく症状がでることもあります。
一人で悩み、そして不眠になることまであるので、疲れが積もり続けてしまう場合も。精神面でも追い詰められるのが、更年期障害の肉体的症状なのです。

更年期障害の精神的症状

更年期障害は肉体にだけ症状の出る病気ではありません。精神的にもさまざまな症状が出て、今までポジティブだった人も落ち込んで凄くネガティブになってしまうことがあります。

具体的にはどのような心の叫びが聞こえてくるのでしょうか?何も理由はないのに気持ちが落ち込んだり、やる気が出ない、楽しくない…そんな何気ない気持ちの沈みから始まり、そしてそれが強くなると鬱状態となります。常に憂鬱な気分で、行動力もなくなり、常日頃普通にしていた簡単なことが出来なることも。

元気がなくなるのはもちろんのこと、集中力もなくなり趣味さえ億劫に。そして、心療内科や精神科に行けば鬱病診断されるほど深刻化します。不眠症を発症することも多く、肉体的にも疲れてきます。
精神症状として現れることの多い不眠症4つのタイプ
不眠症にも種類があり、大きく4タイプに分けることができます。
  1. 「入眠障害」
  2. 寝ることへのプレッシャーや強迫観念から寝るときになると逆に目が冴えてしまう。
  3. 「中途覚醒」
  4. 眠れても夜中に何度も目が覚めてしまう。
  5. 「早朝覚醒」
  6. 早朝目が覚めてから後が眠れない。
  7. 「熟眠障害」
  8. 寝ているけれど寝た気がしない、疲れが全然取れない。
眠れないことでイライラが募り、肉体にも負担がかかってきます。夜が憂鬱でさらに気分が落ち込む…。悪循環に陥ってしまいます。更年期障害の鬱は自殺願望さえ出てくるので、軽く考えてはいけません。

全身に現れる症状 ほてり(ホットフラッシュ)のぼせ、動悸、多汗(スウェッティング)、眩暈、冷え性、むくみ、極端な体重変化、息切れ、不眠、身体がだるい(倦怠感、易疲労性)、肌荒れ、皮膚のしびれ、かゆみ
局所的な症状 口が渇く(ドライマウス)、目が乾く(ドライアイ)、耳鳴り、頭痛、尿漏れ、頻尿、骨粗しょう症、関節が痛い、肩こり、腰痛、手足のしびれ
精神的な症状 不安、焦燥感、気分の落ち込み、うつ状態、イライラ、怒りやすい、
生殖器特有の症状 生理不順、不正出血、性交痛、炎症、性器のかゆみ
内臓の症状 便秘、下痢、吐き気、嘔吐、胃もたれ、食欲がない
こうやってまとめてみると、「今までの生活で普通に起こりえた症状」ばかりなんですよね。
だから、「私更年期障害なのかしら?」と悩む方が多いのです。

更年期障害の症状は人それぞれ

更年期障害の症状は、一度に複数のものが重なる方もいますし、ひとつだけ重い症状が出たり、
身体的な症状はないんだけど、なんだかとっても気分がすぐれない・・・というタイプまで様々です。

しかし、今までと何か違う、と感じたらやはり更年期障害を疑った方が良いでしょう。
症状が重くなり、つらくなる前にきちんとした更年期障害対策を取りたいものです。

dummy

35歳のとき、暖房の効いた室内や電車内で汗が異常に吹き出て、体が熱くなりすぎて吐き気を催すようになった。それに伴い頭痛、光がまぶしい、音が頭に響く、めまいなどの症状が日替わりで現れるようになり、いつも頭にモヤがかかっているような状態になった。整形外科や神経科で詳しい検査をしても原因が分からず、一生このままの状態なのかと途方にくれていたところ、和漢を知人に薦められ半信半疑で通院してみた。そこではスト...

dummy

私の更年期の症状は、多岐に渡りましたが、その中でも最も辛かったのが、気分がどうしようもなく落ち込むうつ症状でした。最初はホットフラッシュやめまいといった身体的症状があらわれ、それに伴って、全身の倦怠感がつねにつきまといました。それらの症状のため、思うように身体が動かず、パートを退職したり、ずっと続けていた趣味の活動も行けないような状態でした。そのような毎日を送るうち、段々と気持ちが落ち込んでいき、...

dummy

私の母は五十代を過ぎた辺りで、特に病気ではないものの頭痛がしたり体がだるかったりとすることが続いたそうです。今思えば確かにその時期の母は、ストレスやその他で急に痩せ始めていたように思います。これがいわゆる更年期障害というものだったと思うのですが、だからといって私たち家族はそんな母の辛さを本当にわかってあげることができていたのかというと、自信はありません。もちろん母の体調が悪いときには私が家事を代わ...