エクオールのサプリはどれがおすすめ?成分の比較と口コミを調査しました!


更新日:2019年6月13日
生理不順や更年期障害など女性ホルモンの乱れによるトラブルに対して心強い味方になってくれる大豆イソフラボンですが、実はその力を最大限に活用できる能力を持った日本人は全体のうちの50%程度しかいません。

個人差を生み出しているのが腸に棲んでいるエクオール産生菌になります。

摂取した大豆イソフラボンをエクオールに変換することで、はじめて女性ホルモン様の働きができます。

そして、エクオールを産生できる体質の人の総称をエクオールプロデューサーと呼びます。

プロデューサーは日本人の約半数しかいないうえ、食の欧米化の影響や食生活の変化の影響を受け年々その数は減少してきています。

2014年に厚生労働省が発表した20代における割合は全体の27%、約3人に1人という驚くべき結果になっています。

産生能力の有無は、幼児期、小児期の食生活に由来する説が有力です。

幼少期に豆腐や納豆などの大豆製品を食べる習慣を持っている方は、プロデューサーである確率が高い傾向にあります。

ちなみに、自分がプロデューサーに該当するかどうかは「ソイチェック」と呼ばれる簡単な郵送検診セット(尿を採取して郵送するだけ)を使って行うことができます。

産生する力を持たない場合、大豆イソフラボンを飲んでも意味がないためエクオールのサプリを飲むことをおすすめします。

選び方の重要な3つのポイント
実際、数多くの製品があり商品を選ぶときに迷ってしまいますよね。

配合量を確認する
摂取量の目安として「1日10mg」になっています。配合量をみてしっかり摂取できるか確認するようにしましょう。

口コミの評価
商品の口コミの評価を見ておくと、選ぶときに迷いが生じにくくなりますよ。

飲むときに負担になりにくい製品を選ぶ
一日に何回も分けて飲むのは億劫ですよね。粒の大きさ、飲むときの粒数が多いなど。

飲むことに対してストレスが溜まってしまいます。自分にとって負担になりにくい製品を選んでください。

結論から言えば、専用の商品というのはまだまだ少ないのが現状です。(大豆イソフラボンは多いのですが・・・)

ここでは、
  • 「配合量の多い順」
  • 「一日に飲む粒が少なくストレスがないこと」
  • 「一ヶ月当たりの価格」
を総合的に比較してランキングにしてみました。

当サイトではご本人がプロデューサーであることが分かっている場合を除いて、更年期や生理不順への使用をおすすめしています
エクオール+ラクトビオン酸

出典:メルカリ


価格:5,832円(税込)
容量:60粒
おすすめ度:
配合量:10mg
一日に飲む粒数:3粒
北米閉経学会で学会賞を受賞している専門のドクターが開発している製品です。女性予防医療の観点にもとづいて設計されているため高い信頼性を持つ製品になっています。その為、決して安くはないですが間違いのない製品です。

良い口コミ
・現在、3本目の購入をしましたがイライラすることや生理の月ごとに来るバランスが取れてくるようになりました
・ママ友のみんなが飲んでいるので飲み始めました。性格がずぼらなので飲む粒数が少ないのはありがたいです。

悪い口コミ
・ビール酵母が配合されているのでアレルギー体質の私はあいませんでした。

EQUELLE(エクエル)

エクエルのパッケージ


価格:4,104円
容量:112粒
おすすめ度:
配合量:10mg
一日に飲む粒:4粒
大手製薬会社の大塚製薬が製造している製品です。医療機関でも取り扱われています。開発までに18年をかけて作られた完成度の高さが魅力です。着色料が含まれているので添加物に抵抗がある方にはおすすめできません。


良い口コミ
・直接摂取できるのがよかったです。
・他の製品より安く手に入るのはありがたいです。

悪い口コミ
・更年期障害のホットフラッシュを軽減したくて飲み始めましたが、1か月ではあまり変化を感じられなかったのでのみつづけてみようと思います。
・CMもやっていて、薬局で買えると知っていましたが、どうしても恥ずかしくて買いに行けませんでした・・・

アマゾンで購入されている商品
アマゾンのイソフラボン商品の売れ筋ランキングの上位をピックアップしました。なお、大豆イソフラボンの商品や同一商品の2個セットは飛ばしています。

小林製薬命の母30粒
命の母のパッケージ
出典:amazon
30粒で1,878円。一粒当たり2mg。ランキングで一位でした。

DHC大豆イソフラボン30日分
DHC大豆イソフラボンのパッケージ
出典:DHC
30粒で3,200円。一粒当たりの量は10mg。それ以外の成分はなし。

まとめ

エクオールの推奨摂取量は1日10r。

吸収力の低い通常の食事で補うことは想像以上に大変ですので、そんな時はぜひ健康補助食品である商品を活用してください。